Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
お前の血液はどうなんだい?
cat

「仕事を獲得するにはグランドデザイン力が必要だ」

グランドデザイン力・・・総合的な構想を相手にイメージさせること

なるほどね。それはそうだ。おっしゃる通り。
でも何だかすっと胸を打たなかったりしてる。
それはきっと、自分の発言に酔っていて押し付けがましく響くから。

とは言え、自分の素直さの狭さにも反省すべき点がある。



そんなことより、ここ1週間入浴時に毎回鼻血が10分以上流れ続ける。
浴槽はスプラッター映画ばりの凄惨な光景。
血が足りません。

 
| ハヤシ | 00:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
歯医者でのこと
歩道橋

去年末から現在に至るまでに親知らず1本、虫歯2本の治療を終えました。

(あと1本虫歯があります)

つくづく日々のメンテナンスの大切さを痛感しています。


歯医者へは小学生以来の通院なので新鮮であり非現実な空間なのですが、僕の通院している歯医者はとてもこじんまりとしていて、10畳くらいに2台治療台があって30歳くらいの男の先生が1人行ったり来たりで治療しているようなところです。あとは3人の歯科助手の女性。ものすごくベタな感想ですが、マスクをしている歯科助手の女性はとても魅力的に見えますね。口元が隠れていることで何だか興味をくすぐられてしまうんだな、と思っていたのですが、それなら電車内でもどこでもマスクをしている人はいるわけで、冷静に考えてみました。で、導き出された答えは状況がそうさせているんだな、と。治療する側と治療してもらう側の距離感が恐らく作用して魅力的に映ってしまうんだろうと。(看護士さんなんかも恐らく同じ)とか治療中に思い巡らせて何とか気を紛らして痛みを堪えてます。


この前、隣の治療台によぼよぼの80歳くらいのおじいさんが来まして、治療後先生に来月末にまた来てくださいねと言われてたのですが、


「・・・その頃まで生きてるか分からないけどもねぇ」


と大きな声で言うわけです。一瞬変な間があってから、何言ってるんですかーと突っ込まれながら先生とスタッフは笑ってたのですが隣の治療台にいる僕は今のギャグだったのかよ、と笑い遅れてしまいました。その後受付でも来月末来てくださいね、と言われておじいさんはまた、その頃まで生きてるか分からないけどもねぇとでかい声で答えてて受付の方で笑いが起きてました。



老いてから生き死にを笑いにするってのはある意味反則だとは思うけど、なんかかっこええなぁと思いました。もしかしたら本当にしんどくて言ってたのかもしれないけど。


| ハヤシ | 05:43 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
発熱(初熱)
 大阪に引越してきて初めての発熱です。
つばを吞み込む度に喉が痛く、布団にはいっても視界がぐるぐる回っています。
一人暮らしにとって体が弱るとすぐ弱気になってしまうのが辛いところ。
5時間ばかり眠ってみましたが以前喉は痛いし頭もくらくらします。


このドラマ覚えてる人いるかな。 あー熱っぽいの!
| ハヤシ | 04:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
写真バナー

Entry

Category

Archives

Profile

Comment

Mobile

qrcode

Trackback

Link

Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links